痛みがないカントン包茎の手術はある?

早めの治療が必要なカントン包茎

男性の下半身の悩みで多いのが包茎です。
包茎は大きく分けて3種類あり、日本人に最も多いのが仮性包茎になります。
仮性包茎は治療をしなくても問題はないですが、見た目や衛生面を考えて治療を受ける人もいます。
真性包茎は、放置していると包皮炎や亀頭炎など様々な炎症のリスクが高くなるので治療が必要です。
カントン包茎は容易に包皮を剥くことができず、衛生面での心配や痛みの心配が出てきます。
包皮をめくったままでいると亀頭が腫れ、包皮に圧力がかかり陰茎の組織が破壊されることがあります。
カントン包茎が疑われる場合は、早めに医療機関で適切な処置を受ける必要が出てきます。
何もせずに放置していると、亀頭包皮炎や尿路感染症、性感染症などのリスクが高まります。
刺激が少ないため射精に時間がかかることもあり、勃起不全の原因になることもあるので注意が必要です
性行為の直前に陰茎を洗っても細菌が残りやすく、膣炎などの原因になるとパートナーにも負担がかかります。

カントン包茎の手術と痛み

診察でカントン包茎だと判明した場合は、速やかに治療を進めます。
包茎手術を行う場合、患者の中には痛みを心配する人もいます。
手術では局所麻酔を用いるので、局所麻酔が済めば手術中に痛みを感じることはないです。
局所麻酔の痛みを抑える技術が確立しているクリニックなら、手術の際も手術後も痛みの心配はないです。
どうしても痛みの不安がある場合は、眠っている間に治療が終わる麻酔もあります。
全身管理ができる技術と設備が整っているクリニックであれば、痛みを最大限に抑えた包茎手術が可能です。
陰茎はデリケート部位なので、包茎手術のあとも痛みが数日間続くと考えている人もいます。
デリケートな部位ではあるものの、クリニックで適切な処置を行っていれば手術後に強い痛みが出ることはないです。
手術が終わった後は痛みを抑える薬を処方します。
痛みの心配の次に多いのが傷跡の心配です。
技術力の高い担当医であれば、手術の傷跡をわからないように仕上げてくれます。

まとめ

カントン包茎は3種類の包茎の中でも特に注意が必要です。
適切な治療を行えば、痛みもなくきれいに仕上げることができます。
インターネット上には包茎治療の様々な記事が出ていますが、カント包茎について相談したい場合は専門クリニックに直接相談することが重要になります。
カントン包茎の治療実績が豊富なクリニックであれば、安心して治療を受けることができます。
専門クリニックでは無料のカウンセリングを行っているので、治療内容の説明を聞いてから治療に進むことができます。