カントン包茎と仮性包茎の違い

包茎の種類を知っておこう

男性の悩みのひとつに包茎がありますが、こうした悩みも治療を受けることで解消することができます。そして、治療をする場合もそれぞれの症状に合う方法を選ぶことが大事ですので、自分がどのタイプであるかを知っておくことも大事です。正確な判断は医療機関で行ってもらうことができますが、セルフチェックをしたい場合は、それぞれの違いを調べておくことがおすすめです。まず、カントン包茎と呼ばれるタイプがあります。カントン包茎がどんな状態かというと、これは平常時に無理をすれば皮はむける状態です。では特に問題はないのかというとそうではありません。カントン包茎の場合は、包皮口が狭いことが特徴的で、亀頭の根元を締め付けるという問題があります。それゆえ、カントン包茎を放置していると皮が戻らなくなる、腫れるなどの症状が出ることもあります。こうした悩みを解消するためにも、やはりカントン包茎も治療はしておくことが大切です。

日本人男性に多い症状

真性包茎やカントン包茎は早めに治療をしたほうが良いとされています。そして包茎には仮性包茎とよbがれる症状もあります。仮性包茎は日本人男性に特に多いとされており、普段は亀頭は包皮で覆われていますが手で向けば簡単に露出できるのが真性包茎やカントン包茎との違いです。それゆえ、仮性包茎であれば治療は必要ないと考える人もあるかもしれません。普段は特に不便を感じていなくても、見た目のことで悩む人もありますし、より清潔を保ちたいなどの理由で治療を受ける人もいます。治療は他の包茎と同じように手術が選ばれることがほとんどです。治療費については、カントン包茎や真性包茎の場合は、医師が治療が必要だと判断した場合は保険適用の治療を受けることができますので、治療費の負担は少なく済みます。これに対して、仮性包茎の場合は保険が適用されずに自由診療での治療となります。治療費はより高くなることは理解しておきましょう。

まとめ

包茎にも色々な種類がありますが、カントン包茎は包皮口が狭く亀頭の根元が締め付けられるなどの問題があり、治療で改善を目指す人も多くなっています。これに対して、簡単に亀頭を露出させることができる仮性包茎の場合は、特に治療を受けないという人も珍しくありません。カントン包茎や真性包茎は医師が治療を必要と判断した場合は保険適用の治療を受けることができます。これに対して仮性包茎は自由診療で治療が行われることになります。